あっちゃん絵日記

atukoizmix.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

昼下がり

c0216598_16274570.jpg

朝からだらだら、こんな二人
息子が読んでいるのは今更ながらハリー・ポッター。ムスメは、ジョジョの33巻
[PR]
by atukoizmix | 2012-06-30 16:27 |

至福

c0216598_18342061.jpg

本と音楽と酒
愛すべき時間

スカバンドとのコラボ、いい!


夏のいりぐちの、素晴らしく爽やかな風が吹いてる


飲まずにいらんない



私は今から出かけるので、娘二人がいま、ハヤシライスを作っています
私はソファで、音楽をかけてビールをのんでる
[PR]
by atukoizmix | 2012-06-29 18:34

楽しみ

c0216598_17492096.jpg

プランターもなかなかやるものだ


こんなささやかなものが、楽しみだなんて、健全だなぁと嬉しくなる
[PR]
by atukoizmix | 2012-06-28 17:49

シーズンスタート

c0216598_18122978.jpg

タコ、タコ、だいすき
今日はいい蛸があった

これから出てくるな、嬉しいな


c0216598_1831678.jpg

[PR]
by atukoizmix | 2012-06-27 18:12 | ごはん

富士日記

c0216598_1321164.jpg

こんなふうに、文章がかけたらいいのになあ

武田泰淳の奥さんで、大好きな写真家武田花さんのおかあさん。
なんと豪快なひとだろう。
素敵だ
[PR]
by atukoizmix | 2012-06-26 13:02 |

これ。

飽きっぽい私だが、いっさい浮気せずに20年くらい使ってるクリーム

c0216598_1145625.jpg



一宮の叔母のところに、数か月に一度やってくる置き薬屋のお兄さんが、
持ってくるというこのクリーム。
それは中井薬品さんなんだけど、会社に回ってくる同じ中井薬品のにぃちゃんに聞いても、
ぜんぜん知らないと言う。(取り扱いもなし)
ネットで検索するとごく一部、出てくるけど、なかなか買えないこのクリーム
なぜ・・・・
叔母に買っておいてもらって、一宮から武豊の実家に来るときに、もってきてもらい、
それを取りに行ってはじめて私のもとに。  長年、この買い方   

特に高級品というわけでもないのだ(130グラム 5040円)
すごーくいいのに、なぜメジャーでないのか、じつに不思議なこのクリーム(よけいなものが、入っていないせいか?地味なせいか)
いろいろ目移りしたけど、どうしてもこれでないとダメだ


ごく最近になってようやく、ネットで買えるようになったようだが、
まぁすこし割引きにもなるせいで、依然この買い方をしています


ふしぎなクリーム
長年付き合える、いい相棒をお探しの方、ぜひお試しを
(ぜんぜんべたつかなくて、なのにしっかりと潤う。冬などコレでないとだめ)
[PR]
by atukoizmix | 2012-06-25 11:20 | 雑感

飯盒炊爨

c0216598_14191473.jpg

c0216598_14191433.jpg

汗だくカブカレー

全力で作れ



カレーに勝つ料理は、 あるのだろうか
[PR]
by atukoizmix | 2012-06-24 14:19 | 家族

アテ

c0216598_18441540.jpg

c0216598_18441577.jpg

ジャーマンポテトだよ〜!

究極のビールのお供
危険なヤツ
[PR]
by atukoizmix | 2012-06-23 18:44

まったくやってらんない

c0216598_1821403.jpg

昨夜、娘とけんか (五分)
今日、母親とけんか (不戦敗)  

なぜわたしにそれほどけんかをふっかけるご両人

キライなのよ怒ってる人のそばにいるの
怖いし   感情的な女は





娘はともかく、
母のそれは空中散布地雷のよーな攻撃性がある


ので


退散するのみ!!F9C7.gifF9C7.gif


うなぎで一杯やろ! (^=^)
[PR]
by atukoizmix | 2012-06-21 18:21

井上荒野、すっごい。

c0216598_17261797.jpg

何がすごいかというとエロいことをまったくエロくない表現で描いて、それがたまらなくエロいところ
など。
とても品のある文章なのに、エロティック・・

井上光晴の娘。 こうなると親父さんの作品も読んでみたくなるな、 順番逆だけど




話はかわるが、
高校の時、もうあと数ヶ月で卒業を控えたある日、体育の関先生が
「おまえら、ヨメをもらうときはな、とにかく、丈夫いのにしろ、
顔がきれいだとか、スタイルがいいとかな、性格とか、そんなことは二の次だ、
とにかく、ヨメは、じょうぶなのを選べ、丈夫がいちばん」
とかいう主旨のことを生徒に力説していた  それが果たして旅立つ我々へのはなむけなのかは不明だったが

それを聞いて内心、
なに言っとんだこのおっさん    ミもフタもないこと言うな
私は今から大学に行って、彼氏をつくって、青春を謳歌して、
結婚してからもロマンスを大事にして、繊細でドラマに出てくるような恋愛をして、
夫婦なのにいつまでも恋人同士みたいな生活をするんだもんね!   ばーか!

などと息巻いていた夢見る女子高生の私でしたが、



今となっては、関先生、うまいこと言う!と感嘆の思いであります。


体力の限界まで遊んで、そのまま夜更かしして、おまけに車を何時間も運転したり、
へとへとになっても最後の力を振り絞って美味しいものを食べに出かけたり、
二日酔いから覚めて数時間でまたしても深酒したり、
楽しいことは体に多少の負担はいたしかたない

楽しいことはけっこう、体力勝負。
旦那がパワフルで、妻が虚弱体質だったら(逆も?)夫婦でこうはいかないもんね
先生は、そういうことじゃなく、年取ってからの介護(親の)とか、病気とか、そういう意味で言ったのだろうけど
(あと農家のヨメね  働いて働いて舅、姑に尽くし、子をたくさん産んで家を守って…)



あともう一ついうと、丈夫なひとは繊細な恋愛はできないかというとまあそうでもない。
しずちゃんも、吉田沙保里も、塚田真希も、ジャガー横田も、思いもよらないロマンチックな恋愛をしているのだろうきっと!     このーーー。うらやましいゼ!
 


今日、会社で関先生の話題が出たので思い出した次第。  先生ありがとう。
[PR]
by atukoizmix | 2012-06-20 17:26 |